野菜を食べること

継続的に野菜を食べる

私の一日の食事を見返してみると、野菜をあまり食べることができていないと思います。
どうしてもお肉やご飯ばかりを食べてしまい、野菜を摂取することを疎かにしてしまうことが多いです。

 

元気な時はあまり気になりませんでしたが、体調不良になってしまうと野菜を毎日しっかり食べることはとても大切なんだなと思います。
ビタミンや食物繊維は体を正常に保つことに欠かせない栄養素です。

 

ですからそれらが不足すると、私もそうなのですが疲れが取れにくかったりだるさを感じたりします。
そういう時に野菜を食べると体の回復が早くなりますし元気になります。
日頃はあまり意識していなくても体調不良の時に野菜を食べると、その効果をひしひしと実感できます。

 

なので、野菜を毎日食べていくことができるように、この頃の私は工夫をしています。
たくさん量を食べることができるように、積極的に蒸し料理などに加えてます。

 

けれど一日だけ野菜を食べてもそれはあまり効果的ではなく、継続的に食べることにより本当の効果があらわれるのだと思います。
ただ、どうしても仕事が忙しくて用意ができない場合もあると思うので、そういう時は野菜や果物の栄養素が詰まっている酵素ドリンクで酵素を取り入れるのも一つの手だと思います。

 

参考:酵素ドリンク 人気 ランキング

我が家は以前農家をしていたので、野菜を作る大変さや野菜の恵みの大切さを日々感じながら生活をしてきました。

 

現在の日本人は、料理が西洋化してきたせいか野菜をあまり食べなくなり、現代病と呼ばれている3大成人病にかかる割合が増えていますが、健康な生活を営むためには野菜は重要な位置を占めています。

 

成人が一日に摂取した方が良い野菜の量は、一日350グラムを目標とされているようですが、現代人はなかなかそこまで野菜を取ることができません。
元々野菜を食べる意味は、ビタミン・ミネラル・食物繊維を体内に取り入れ、体内の免疫力を向上させ、体内に蓄積する老廃物を体外に排出するためには絶対必要なのです。

 

野菜と食べないと、血中にある血糖値もあがり、余分な塩分が排出されにくくなるので、身体がむくみやすくなり便秘にもなります。

 

ジャンクフードであるスナック菓子や、ハンバーガーは確かに美味しいかもしれませんが、脂肪や脂分・炭水化物・塩分の塊なので、主食にするには危険すぎます。
ですので、せめて夕食だけでも野菜をきちんと取るようにしましょう。


美容と健康のため、野菜を積極的に摂るよう心がけています。
特にこれだけは守ろうと思っているのは、たんぱく質を摂るときは必ず一緒に野菜を食べるということです。
それも、肉や魚より野菜の量が多くなるようにしています。

 

野菜の中でも、アブラナ科の野菜が特に健康によく、がんを予防する効果があるという研究もあるそうなので、できるだけ毎日食べています。
アブラナ科の野菜とは、キャベツ、大根、ブロッコリーなどです。
忙しいときは、ブロッコリーのスプラウトをさっと洗って食べています。

 

野菜は、古いものでは栄養価がなくなっているので、新鮮なものを選ぶようにしています。
いつもはスーパーで買い物をしますが、時間のある時にはドライブがてら野菜の直売所まで行き、採り立ての野菜を味わいます。

 

最近、食べる順番によって大きな違いがあると聞いて、野菜を先に食べるように注意しています。
野菜から食べると、急激な血糖値上昇を防げるので、ダイエットにもなるそうです。
うっかりすると、つい癖でご飯を口に入れてしまうので、習慣になるのはまだ先ですが。


主人が半年以上たって出向先から戻ってきて以来、家族全員が草食動物並みに野菜を食べるようになりました。
どうも、自宅以外での食事では圧倒的に野菜が不足していたらしくお通じがとても悪くなっていたようです。

 

帰ってきて最初の頃は普通の量を出していたのですが、今ではかなり大き目のどんぶりサイズのサラダボウルに山盛りサラダを毎日のように出しています。
毎日出すということは当然、その量を毎回完食です。
しかも大半は主人が食べています。

 

他の家族も影響されてよく食べるようになりました。
毎日のことですので一番簡単な生野菜を切ってミックスしたものにそれぞれがお好みでドレッシングをかけて食べます。
キャベツがよく出回っているのでメインにして、にんじんを皮をむいて中は他の料理に使って残りの皮をきれいに洗って一緒に千切りしたものと、サラダ玉ねぎのスライスをミックスしたものをベースにしています。

 

後は、菜の花やアスパラやトマトをその時に手に入った分追加してます。
おかげで家族みんながお通じがよくなっています。


子供の頃から野菜は食べていましたが、ここ数年特に「野菜を食べる事」が大好きになりました。
特に好きな野菜は、キャベツ・もやし・大根等です。

 

野菜はとても身近な食材ですし、また栄養もたっぷりで、野菜を食べる事で健康な身体づくりの礎ができると信じています。

 

さらに野菜の種類にもよりますが、大抵の野菜は適度な歯ごたえがありますので、それにより咀嚼力も付くと思います。
咀嚼をきっちりする事で、身体のみならず歯やあごの健康にも繋がると考えていますので、そういった意味でも野菜を食べる事は良いことだと思います。

 

また、野菜はその調理方法で色々な味わいになりますので、生のまま食べたり、炒めたり、煮たり、ゆでたり等でそれぞれの味を楽しめるのも嬉しいです。

 

野菜をおかずとして食べることは 勿論ですが、最近では「野菜を使ったお菓子」なども作られていて、私はとても興味を持っています。
間違いなく栄養のあるお菓子だと思いますので、いつか食べてみたいです。


つい先日母親が私に笑顔で「今日の夕ごはんはヤキニクやで」と言ってきました。
私の頭の中では生の牛肉を鉄板の上で焼いて、ヤキニクのタレにつけて、白いごはんをと一緒に口に運ぶものをイメージしていました。

 

しかしながら、母の言うヤキニクは牛肉ではなく、ブタニクでした。
その時点でおかしいと思ったのですが、野菜と一緒に炒めてお皿に盛られているものが出されました。
これはもはやヤキニクではなく、ブタニク入りの野菜炒めだなと思いました。
まぁ、ブタニク入りの野菜炒めでもそこそこおいしいのはおいしいのですが、残念なことに以前私が購入してきて、頻繁に使っている香味ペーストを使って炒めたものでした。

 

せめて、雰囲気だけでもヤキニクのタレを使ってヤキニクの感じを出して欲しかったなと思いました。
まぁ、お腹がいっぱいになれたので文句を言える立場ではないのですが、せめて、普段の味付けと違った味でヤキニクを食べているなという感じにはしてほしかったです。


野菜をたくさん簡単にそしておいしく食べるのに一番良い方法はそれはビビンバにして食べる事です。

 

私は韓国料理が大好きでよくナムルを作っています。
ナムルは色々な野菜で作ります。色々な野菜で作っているとみんな味が違っています。

 

でも色々な種類を作っていても、結局は私は韓国人ではないのでそれを毎日毎食のように食べる事は出来ません。
なのでいつの間にかもう腐ってしまって食べれなくなってしまって捨ててしまうというもったいないケースになってしまうので、私はちょっとやばいなと思うようなそんな野菜のナムルはビビンバにして食べるようにしています。

 

ご飯にごま油を適量かけてそこに食べてしまわなければいけないナムル達を全て投入するのです。
そして、好きな量だけコチュジャンをかけて混ぜて食べるのです。

 

最高においしいですし、それにこれを食べた次ぎの日は肌の調子も最高に良いです。
これを食べると野菜どれだけ体に良いのか実感します。
毎日でも食べたいくらいです。


我が家では、狭いながらも家庭菜園で野菜を育てています。
食費の節約にもなるし、無農薬で育てているから安心して食べられます。
それに子供の教育にも一役買っています。

 

どんな種か、どんな芽を出してどんな花を咲かせて、そしてどんな実をつけるか。
スーパーで袋に入って売られている野菜では分からないことを教えてくれます。

 

こういった経験のおかげか野菜が大好きです。
夏場には、おやつ代わりにもぎ立ての野菜を食べています。
トマトやキュウリはもちろんのこと、子供が嫌いな野菜NO1のピーマンですら、中の種ごと生でかじっています。

 

さすがに、それはどうなの?苦くはないの?って思います。
もぎってはガリガリと食べる姿は、男らしすぎます。

 

でも、野菜嫌いの子供に苦労しているお母さんの事を思えば、野性的でもいいから、野菜をモリモリと食べてくれることはありがたいことですね。
生の方が栄養素も壊れないですむだろうし、気が済むまでかじってもらおうと思います。


去年末から”野菜コーディネーター”という資格を取るべく勉強を始めました!

 

専業主婦歴3年なので、そろそろ食についてきちんと勉強しようと思ったんですよね。
おかずには肉や魚もありますが、野菜が一番種類があると思うんです。

 

なのでまずは野菜の勉強から始めてみました。
野菜はカラフルなので彩りを考えられるのもいいところですよね。
主婦にとっては楽しい食材です。

 

野菜コーディネーターの勉強を始めてからは”野菜の旬”を考えて食べるようになりました。
やはり旬の時期に食べるのが、一番栄養があるし値段も安いんだそうです。

 

また旬の野菜を食卓に提供することによって、家族に季節を感じてもらうのも嬉しいですよね。
また新鮮な野菜を見分けるのも楽しいです。
どうせ買うなら美味しい野菜を選んで買いたいですからね。

 

まだまだ野菜については勉強中ですが、これからも野菜をいろいろな調理法で美味しく食べて、家族の健康を守って行きたいなと思っています。


野菜を食べる事はすごく体に良い事です。
野菜を食べていると便秘になりません。

 

それに肌の調子もすごく良いです。
食べる野菜によっては体をふとりにくい体にもしてくれます。

 

太りにくい体にしてくれる野菜はどんな野菜なのかというと、それはブロッコリーです。
ブロッコリーは太りにく体にしてくれます。

 

ちょうど今の季節ブロッコリーがスーパーとかでも安い値段で買う事が出来るので私は常時ブロッコリーを冷蔵庫に買って置いています。
安い時とかに2個とか3個とかまとめて買うようにしていて、ブロッコリーを茹でておいてそれをすごく多ければ冷凍して保存しても良いです。

 

そんなに多くなければ、毎晩食事の時にお皿に少しでいいのでブロッコリーを出して毎日食べるようにしています。
食卓に出しておけば自然と手が行くのでいつもそうしています。

 

そうしていると私の主人もよく食べています。
我家で一番太っているのが主人なので主人にしっかり食べてもらいたくて毎日のようにブロッコリーを出しています。