健康な生活を営むために

健康な生活を営むために

我が家は以前農家をしていたので、野菜を作る大変さや野菜の恵みの大切さを日々感じながら生活をしてきました。

 

現在の日本人は、料理が西洋化してきたせいか野菜をあまり食べなくなり、現代病と呼ばれている3大成人病にかかる割合が増えていますが、健康な生活を営むためには野菜は重要な位置を占めています。

 

成人が一日に摂取した方が良い野菜の量は、一日350グラムを目標とされているようですが、現代人はなかなかそこまで野菜を取ることができません。
元々野菜を食べる意味は、ビタミン・ミネラル・食物繊維を体内に取り入れ、体内の免疫力を向上させ、体内に蓄積する老廃物を体外に排出するためには絶対必要なのです。

 

野菜と食べないと、血中にある血糖値もあがり、余分な塩分が排出されにくくなるので、身体がむくみやすくなり便秘にもなります。

 

ジャンクフードであるスナック菓子や、ハンバーガーは確かに美味しいかもしれませんが、脂肪や脂分・炭水化物・塩分の塊なので、主食にするには危険すぎます。
ですので、せめて夕食だけでも野菜をきちんと取るようにしましょう。