ほうれん草はアツアツとろりが美味しい

ほうれん草は、アツアツ、とろりが美味しい!

夏になると美味しさが増す、ほうれん草。
青々として栄養価が抜群ですから、家族みんなに食べてほしい野菜です。

 

そのほうれん草の冬の食べ方として一番のお気に入りは、アツアツに調理したとろみのあるほうれん草料理です。
何故かというと、ほうれん草の柔らかい食感が益々アップして、ご馳走度が増す気がするからというのが理由。
冬の間は、譲れません。

 

食卓に登場する頻度の高いメニューが、クリームシチューです。
この白いシチューに人参のオレンジとほうれん草の緑がとってもキレイ!
更にお肉やらジャガイモ、玉ねぎなどを入れればボリュームも確かなご馳走に仕上がります。

 

また、サッと湯通しして炒める時にも仕上げには片栗粉でとろみをつけます。
もちろん、そのまま食べても美味しいのですが、これをご飯にかけて餡かけ風にしてもよし、温かい絹ごし豆腐にかけるのも乙です。

 

こんな風にアツアツ、とろりアレンジがほうれん草にはピッタリなのです。
お浸しで食べるよりも、和え物よりも大好きです。